糖尿病を軽く見ないほうがいい

皆さんは「糖尿病」はご存知でしょうか。

恐らく、現代においてはご存じない方のほうが少ないかもしれませんね。

何かと耳にする機会も多いでしょう。

糖尿病というと「食生活」が引き金となるイメージが強いことから、重篤な症状が出ないのではないか・生命に危機がないのではないかと考えていらっしゃる方も。

しかしながら、生命に関わる事態に陥る可能性も大いにあるのです。

ですからくれぐれも軽視しないでいただきたいと思います。

では、糖尿病とはどのような病気なのでしょうか。

血中のブドウ糖の濃度が高い状態。

これが続く病気を糖尿病といいます。

この濃度のことを「血糖値」と呼びます。

この糖尿病ですが「1型」と「2型」に大きく分けられています。

1型は、すい臓の「ベータ細胞」が破壊されている状態のことをいいます。

このベータ細胞は、インスリンを作る細胞のことなんです。

この1型は、子供の頃から始まるという場合が多いようですがその限りではありません。

昔においては小児糖尿病ですとかインスリン遺族方糖尿病などと呼ばれていました。

2型は、インスリンの出漁が少なくなって怒ってしまう場合と、肝臓ですとか筋肉などの細胞がインスリンの働きが悪い為にその作用をあまり感じられなくなる状態のことです。

ブドウ糖を取り入れられなくなって起こる場合も考えられます。

こうしたものは、生活習慣や食生活・運動不足などから起こる場合が多いと言われています。

日本においては、2型が焼く95%以上とも言われています。

更には、遺伝子の異常・肝臓すい臓の病気が原因・感染症などから糖尿病を発症するという場合も。

薬剤などが原因となる場合もありますが、割合としては少ないもののようです。

特殊な糖尿病としては「妊娠糖尿病」というものがあります。

名前の通りに、妊娠中に発見された糖尿病のことを言います。

妊娠中であるということから、新生児などに合併症が引き起こされてしまうという事も考えられるのです。

自覚症状が出にくいという点もあり、気がついたときには症状が進行していた・・・なんていうケースも残念ながら少なくないのが現状です。

定期健診どは極力いくようにし、更には日頃の生活習慣なども気を使っていくことでしっかりと予防していくことも大切となるでしょう。

糖尿病は、様々な病気を併発することにもなりますし、いざ手術などといったときにも糖尿病が原因で直ぐに挑めない時もあります。

自己管理をしっかりと行うことで防げる可能性も十分にありますので意識してみてください。